カーネーションの花言葉は色で変わる!オレンジや緑は母の日にOK!?

母の日の定番といえばカーネーションですよね。

小さい子お子さんから大人まで、母の日にカーネーションを贈る方はたくさんいらっしゃいます。

母の日といえば、赤いカーネーションのイメージが強いですが、実際にはいろんな色のカーネーションがあって、実は色によって花言葉が変わるんです。

知りませんでしたよね~

今回は色によって違うカーネーション花言葉をご紹介します。

いつもとは違う色のカーネーションで、母の日にちょっとしたサプライズをプレゼントしてみるのもいいですね。

スポンサーリンク




カーネーションの花言葉。オレンジは可愛いけど母の日向きではないかも?

赤いカーネーション

カーネーション全体の花言葉は「無垢で深い愛」という意味があります。

こんな素敵な花言葉があるので、カーネーションはパーティーや結婚式などでよく利用されています。何と言っても、母の日に定番でよく贈られているのが赤いカーネーションですよね!

赤いカーネーションの花言葉は「深い愛・母への愛」です。

まさに母の日にぴったりな花言葉ですよね!

ではカーネーションの他の色にはどのような花言葉があるのでしょうか?

赤の次に人気のあるピンクの花言葉は「女性の愛・感謝」です。母の日は感謝を伝える日なのでピンクも相応しいですね。

カーネーションには実は青色もあるのですが、花言葉には「永遠の幸福」という意味があるのでこちらも母の日にオススメです。

オレンジカーネーションは「純粋な愛・清らかな慕情」という花言葉を持っています。同じ愛情でも、異性への愛情という印象が強いので、母の日の趣旨からするとちょっと微妙ではあります。

とはいえ、純粋な愛が花言葉ですから、母親の好きな色がオレンジならば、特に問題にするほどではありません。

一方で、母の日には贈らない方がいい色もあります。

黄色:「嫉妬・軽蔑」

深紅:「嫉妬・哀しみ」

絞色・複色:「愛の拒絶」

といったあまり母の日に送るには???な花言葉を持つ色もありますので注意したいですね。

また、白いカーネーションは「純粋な愛・尊敬」という意味ですが、亡くなった人に贈る色なので避けた方が無難です。

カーネーションの花言葉。珍しい緑のカーネーションは何を意味する?

カーネーション珍しい色

最近では珍しい色のカーネーションもたくさんありますよね。

緑のカーネーションには「癒し・純粋な愛情」という意味があります。

落ち着いた感じのお母さんにぴったりですよね。

虹色のカーネーションもあって、オランダではハッピーフラワーなんて呼ばれています。

花言葉は「感謝」なのでこちらも母の日にぴったりですね。

また、バンビーノのいうカーネーションもあります。

こちらは花が咲き進むにつれて花の色がピンクから白に変化していきます。花束でグラデーションになるのでとてもキレイですよ。

マーブルチョコレートという花弁にハートマークがある珍しいものもあります。花弁にハートマークが描かれてたらとってもかわいいですよね。

また、母の日にカーネーションを送る際には花束がオススメです。

カーネーションは蒸れに弱く、病気になりやすい花です。鉢植えだと蕾の状態で枯れてしまったり、しおれてくることもあって、お手入れが難しいです。

お花に詳しい方やお手入れする時間がある方でなければ、花束の方が長持ちさせやすいですよ。

また、フラワーアレンジメントやブリザードフラワーなんかでもいいですね。

まとめ

いかかでしたか?

カーネーションにも色々なカラーがあって、色ごとに花言葉が違うんですよね。

カーネーション自体の花言葉が「愛情」ですが、ご紹介したように微妙な意味合いを持つ色もありますので、少しだけ注意してくださいね。

色に込められた意味を伝えてみるのもいつもと違っていいですね。

ぜひ日頃の感謝の気持ちを込めて、お母さんにカーネーションをプレゼントしてください。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク