下がらない子供の熱…40度を超える前に知っておきたい対処法

子供が急に発熱すると、慌ててしまったり、冷静に対処できなくなってしまったりしませんか?

そのうえ、なかなか熱が下がらなかったりすると「これちょっと、大丈夫なのかな?」と不安が募ってきちゃったりもしますよね。

実際、私は3人子供がいるのですが、子供が発熱するといつにもまして気持ちに余裕が無くなってしまっています・・・

そこで今回は、子供がいつ発熱しても冷静に対処ができるように、子供の発熱については予備知識をまとめてみました。

スポンサーリンク




風邪と決めつけは早い!?子供の熱や頭痛にいろんなケース

子供 熱 頭痛

熱が出て頭が痛いって子供が言ったら、まず最初に風邪かな?と思うのではないかと想います。たしかに単なる風邪ということが大半だと思いますが、ときに風邪が原因でないこともあるので注意したいですね。

風邪でないケースで考えられる発熱の原因は次のようなものがあるそうです。

1つ目が「インフルエンザ」です。

風邪と症状が似ていて、発熱・頭痛・悪寒といった症状があります。風邪との見分けは素人にはできないので、水分補給をしっかりながら小児科を受診して下さいね!

2つ目が「急性脳炎」です。

主な症状は発熱・頭痛に加えて昏睡状態になる事があるのだそうです。怖いです。このような症状の場合は生命にかかわるので至急、救急車を呼んで病院を受診して下さい。

3つ目が「慢性副鼻腔炎」です。

主な症状は発熱・頭痛・鼻水で、特徴的なものが強い口臭です。鼻に膿が溜まっているなど、日頃から鼻が詰まって口呼吸になるため、口臭がきつくなります。

このような症状がある場合は耳鼻科を受診するのが良いそうです。

子供の熱が下がらない…困ったらすぐに病院へ行こう

子供 熱 病院

子供の熱が中々下がらない時って不安になってしまいますよね・・・

そんな時は悩んでいても子供の症状が悪化するかもしれませんので、診療時間内に病院へ行くようにしましょう。

夜間とかですと、本当に症状の悪い患者さんが多いので、待ち時間が長くお子さんの症状が更に悪くなってしまいますのでおススメできません。

もちろん、夜になって昼間より明らかに症状が悪化してしまった場合はガマンしないで病院を受診したほうが良いです。これは言うまでもありませんね。

実際、私の子供も夜間に発熱した上、喘息の発作もあったので慌てて受診したことがあります。まだ1才で体力もなかったのでそのまま1週間入院しました。

今では風邪すら引かない健康な子供に成長してくれましたが、あのときは大変でした・・・

まとめ

今年は例年よりも寒く、風邪やインフルエンザが流行っています。

子供が発熱するような機会もいつもより多いかもしれません。

でも万が一発熱して中々熱が下がらない場合は、慌てず冷静に症状を見ながら、適切な受診先を選んでくださいね。

慌てず心にゆとりを持ってお子さんを守ってあげて下さい。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク