早く気づこう子供の不調サイン、熱は?咳は?風邪じゃないケースも

子供ってすぐに風邪を引いたりが出たりしますよね。

でも、ちょっといつも違う症状があったときには、普段よりも気にかけてあげください。

もしかしたら、風邪ではなく何か病気が隠れていることもあります。

スポンサーリンク




子供の熱が上がったり下がったり…お風呂には入れない方がいいの?

子供 熱 お風呂

子供の熱というのは、大人の熱に比べると、上がったり下がったりしやすいんです。

そのため、普通の風邪だとしても、熱が出始め、下がっては上がる、下がっては上がるというのをなんども繰り返すことがあります。

大体の場合は、繰り返したあとに3日ほどで下がりきります。

お風呂に入れるかの目安

お風呂に入れるかどうかは、元気があるかどうかがひとつの目安となります。

子供の活動量がいつも比べて少ないのか変わらないかチェックしておき、熱が少しあっても元気そうで普通にしているのであれば、お風呂に入れても大丈夫です。

もう一つの目安が、高熱が出ているかどうかです。お風呂に入れるかどうかは、高熱が出ているかどうかで判断しましょう。

子供って基本的に体温が高いですよね。

普段の平熱が37度を超えている子も中にはいますので、発熱と判断される基準は37.5度を超えたらと言われています。

もし37.5~38度程度の発熱であれば、こまめに様子を確認しながら、一緒にお風呂に入りましょう。

もし、機嫌が良くて元気で、普段と食欲も変わらないのであれば、あまり心配はいらないかと思います。

お風呂に入れない方が良い場合

お風呂に入れないほうがいい場合には、ぐったりしていたり、顔色が悪かったり、食べたものをもどしまったとき、38度を超える熱があるときなどです。

38度を超えるほどの熱のときには、お風呂上がりに一気に湯冷めしてしまいます。

そのため、お風呂で温まったのに急激に体温が低下し、風邪が悪化することがあります。

実際にうちの子も熱があったのですが、お風呂に入りたいといいますし、元気で食欲もあったので入れたんですね。

そうしたら、その後体調が悪くなってしまってもどしてしまい・・・夜中に大きな病院に連れて行ったことがあります。

なので、元気があったとしても熱が高めのときは、念のためお風呂はやめておく方が良いと思いますよ。

不安定な子供の熱、病院に連れていった方がいい?

子供 熱 病院

子供の熱は不安定なので、病院に連れて行ったほうが良いのかどうか迷いますよね?

忙しいときなどは、なかなか連れて行くのも大変な時もあると思いますので、受診の目安をまとめてみました。

  • 3日をたってもが上下する
  • とともに咳が長引く
  • 耳を痛がる
  • ずっとぐったりしている
  • 繰り返した食べたものを戻す
  • けいれんや意識障害がある

このような症状が見られる場合は、注意が必要です。

特にけいれん意識障害がある場合や、頭痛嘔吐があるときは要注意です。細菌性髄膜炎、インフルエンザが原因でから脳に何かトラブルを起こしているといったこともあるそうです。

ちょっといつもと違うかなと感じたら、早めに医療機関を受診するようにしましょう。

まとめ

子供の発熱を中心に、体の不調があるときの対処方法についてご紹介しました。

ちょっとでもおかしいと思ったら、慎重に行動してあげてくださいね。

救急車を呼んだり、夜間であれば専門の相談窓口でお子さんの症状をもとに相談に乗ってもらい、どうするべきなのかアドバイスをもらうことをおすすめします。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク