成長とともに出る不満…子供部屋の仕切り問題はこれで解決!

子供も成長してくると自分一人のプライベートな空間が欲しいって要求してきますよね~

でもそんな簡単に部屋を増やすなんてできないですよね。家の改築や増築するお金なんてどこにも無いし~

といっても、そんな事情は子供にはわかりませんし、私も結構その問題で悩まされました。

でも、ちょっとした工夫で子供部屋仕切り問題って解決できるんです。お金のかからないとっておきの情報を紹介していきますね!

スポンサーリンク




広い子供部屋を仕切る壁紙リフォーム、相場はいくら?

子供

子供がまだ小さいうちは2人部屋でも文句言われないと思いますが、小学3年くらい、早い子なら小学1年くらいで自分の部屋が欲しいって言ってきます。

もぉほんと困っちゃいますよね~

そんな無理言わないでよ~とは思うんですが、最近は子供部屋を仕切る「仕切り壁のリフォーム」が意外と安くできるんです。

相場が約15~20万円くらいで出来ちゃいます!

2日くらいでできるので、工事の影響もそんなに多くはありません。

色んな壁紙があるので、子供壁紙を選ばせてあげると部屋がお気に入りになると思います。勉強がはかどったり、自分の部屋!という意識からきれい好きになるかもしれません。

余談ですが、私が子供のころ両親が家を建てたのですが、自分の部屋の壁紙は自分で選びました。なので自分の部屋が大好きで、整理整頓もきちんとしたんですよね~。両親からしてみると、掃除する手間が省けたので良かったと言っていました。

ただし、部屋を仕切って壁を作ってしまうと、子供が大きくなって子供部屋を使わなくなったときに、元に戻すとかを考えなければいけません。この点は注意してくださいね。

リフォーム代がかさむなら…子供部屋の仕切りはカーテンがおすすめ

部屋 カーテン 仕切り

塾や習い事とか子供はいろいろとお金が掛かりますよね~。その上、部屋が欲しいなんてとんでもないことを言い出すし・・・

先程もご紹介したように、壁を作って一つの部屋を2つに仕切るリフォームもメチャクチャ高いわけではありませんが、急にお金が降ってくることもないですよね・・・

そんなときにおすすめしたいのがカーテン部屋仕切る方法です。

カーテンで仕切るだけなので、1万円くらいでもできちゃいます!

実際、私の友人が子供部屋カーテンで仕切っているんですが、色の濃いカーテンだと相手側は透けて見えません。音楽を聴いたり、TVを観たりする時は少し音量を下げてもらうなどすれば十分生活できる感じでした。

カーテンで仕切る場合、天井や床の部分に隙間がありますので、エアコンが1台で済んでしまうという隠れたメリットもあります。

不要になったら取ってしまえば良いので、元にもどすのも簡単でいいですよ~

まとめ

まとめ

今回は、子供部屋仕切りについて、とっておき(?)の情報をお届けしました。

いかがでしたでしょうか?

少しは参考になったよと思って頂けたら嬉しいです!

自分の部屋が欲しいって子供が思ったということは、子供が成長している証です。

少しお財布の中が寂しいと思っちゃうかもですが、適度に手を抜きつつも子育て頑張っていきましょうね!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク