あさりの塩抜きの時間とコツ!潮干狩りを美味しく召し上がれ

潮干狩りはまさに宝さがしのようで楽しいイベントですよね。

子供と一緒に潮干狩りに行って、おいしいあさりをいただく、最高の食育です。

スーパーで買ってきたものでも、潮干狩りでとってきたものでも、あさりを食べる時には「砂抜き」が必要だということはご存知だと思います。

じゃりっとした砂を食べてしまうのは嫌ですもんね。

でも、潮干狩りでとってきたあさりには、さらに「塩抜き」も必要だということを知ってましたか?砂抜きではなく塩抜きです。

今まで知らなかった人も、ごちゃごちゃになっている人も「砂抜き」と「塩抜き」をしっかり押さえて、おいしくあさりをいただきましょう。

今回は特にあさりの「塩抜き」についてご紹介します!

スポンサーリンク




あさりの塩抜きをしたいのに開かない…そんな時の対処法!

あさり塩抜き

あさりの調理は、まずしっかりと砂抜きをするところから始まります。潮干狩りでとってきたあさりであれば、3時間くらいかけて砂抜きをします。

砂抜きが終わったら次は塩抜きです。

あさりは海水中に住んでいるので塩分を含んでいます。また砂抜きも塩水で行いますよね。この塩分を出してあげないと、なんだか塩辛いあさり料理になってしまいます。

塩抜きの方法はとても簡単です。

砂抜きしたあさりを、使う前に水からあげておくだけです。新聞紙などを軽くかぶせ、1時間を目安に置いてください。

このとき注意するポイントは2つあります。

  • 塩抜きする前に真水で洗わないこと
  • 水からあげた後、冷蔵庫にいれないこと

です。これをやってしまうと、貝殻がしっかり閉じてしまいます。塩抜きしたいのに開かないというのは、このどちらかをやってしまった可能性が高いです。

あさりの塩抜きを短時間で行うコツはお湯にあり!その温度は?

お湯

このように潮干狩りでとってきたあさりの場合、砂抜きと塩抜きをすると合計4時間もかかってしまいます。

帰りの車の中などで砂抜きしながら帰ってことができるなど、うまく時間が取れる時はそれでいいのですが、帰宅してすぐにご飯を用意したいなんてときにはとても間に合いません。

そんなときに重宝するのが、砂抜きを塩抜きを短時間で済ませる方法です。実はとっても簡単で、50度のお湯を使うと、砂抜きと塩抜きを同時におこなってしまうことができるんですね。

この50度という温度がポイントで、これより低いと時間がかかっちゃうし、これより高いとあさりが傷んでしまいます。給湯器があれば簡単に50度のお湯は作れますが、そうでなければ少し手間が必要です。湯温計があると便利ですよ。

まずパットなどにあさりを入れて50度のお湯をかけ、殻どうしをこするように洗ってください。そのまま5分から10分おくと、お湯が濁ってきて、塩分と一緒に砂も出てきます。

15分ほどで塩抜きまでできあがりです。しかもこの方法は、うまみがアップして身がぷりっとするという嬉しいおまけ付きです。

まとめ

料理人の世界では「焦らずゆっくり待ってあげて」砂や塩分を抜くそうです。

確かに伝統的にはそういうったやり方をするんでしょうけど、主婦はもっと楽して効率的に行きましょう!

時間を短縮できる方法を使えば、家族みんなで楽しめる時間を多く取ることができますよ。

今年もそろそろ春を感じる季節です。ぜひお子さんと一緒に、旬の味を楽しんでください。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク