じめじめ結露を防止シートですっきり!100均買えるシートの実力は?

冬に悩まされるイメージの結露ですが、天気や温度差の変わりやすい春先の時期など、朝起きると窓にびっしり水滴が…って事多くありませんか?

ただでさえ忙しい朝、窓を拭く仕事が増えるなんて憂鬱になりますよね~

結露ってただの水滴でしょ?放っておいても平気じゃない?

と考えたくもなりますが、結露=カビのもとですから注意しないわけにもいきません。

結露で濡れた壁や床などを放っておくと、カビが発生するだけではありません。

そのカビをえさとするダニが増え、ぜんそくやアレルギーを引き起こしたり、悪化させる原因となることもあります。

家族の健康を守る立場として、放っておくと事はできませんよね。

そこで今回は、お手頃なお値段で簡単に結露を軽減する方法をご紹介します。

スポンサーリンク




結露はなぜ起こる?結露の仕組みと防止シートの効果解説!

結露

暖かい空気は水分を多く含んでいます。

その空気が水分の少ない冷たい空気に触れることで水滴になります。

室内で暖房器具や湿気を発生する機器をよく使うと、外の気温が低い冬に結露が発生しやすいのはこのためです。

室内と外の温度差が大きければ大きいほど結露が発生しやすくなるのです。

結露防止シートは、窓に貼って窓とシートの間に空気の層を作ります。

すると部屋の中の水分の多く暖かい空気が、ダイレクトに水分の少ない冷たい空気に触れなくなります。この働きによって結露の発生を軽減するのです。

結露対策シートもダイソーで!おすすめ商品はこちら

結露 防止 シート 100 均

結露防止シートを試してみたいけど、ちょっとお値段が高いな…そう思ってる方、手軽にチャレンジできる商品がダイソーにあるのを知っていますか?

それが、ダイソー結露吸収シートです。

結露を防止するという訳ではないのですが、発生した結露を吸い取って蒸発、発散させてカーテンや壁などの水濡れを防ぐのです!

私が行ったダイソーには、縦4.3センチ横30センチのシートが3枚入っているものと、縦4センチ横90センチが2枚入っているものがあります。

1つ108円ですし、色々なデザインがあるので選ぶ楽しさも結構あります。

我が家も結露吸収シートをリビングの窓に貼ってみましたが、簡単に貼れるし、とてもかわいく、子供達からも好評でした!

ジメジメ厄介な結露もこれで撃退!?窓も心もスッキリ!!

天気が悪く、部屋もジメジメしていると、気持ちも沈みがちですよね。

まだまだ結露との戦いは続きますが、結露防止シートや結露吸収シートなどの対策グッズを上手に使って、窓も心もスッキリさせましょう!

いまから百均にGo!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク