春に向けてスッキリスタイルを手に入れよう♪痩せる食べ物ランキング

春が近づいてくると、パステルカラーのブラウスやスカートを身につけたくなりませんか?

私は意味もなくウキウキしてしまって、やわらかい色合いの服を着て、出かけたくなります。

すらっとした細い脚は、それだけでおしゃれに見えますから、プリーツスカートをさらっと着こなせるような、スッキリスタイルを手に入れてみたいですよね~

実は「痩せる食べ物」というものがあるのをご存知でしょうか。下半身のダイエットに効果的な食材というものもあるのです。

痩せる食べ物を上手に取り入れて、無理しないダイエットを実践してみましょう♪

スポンサーリンク




我慢しないでOKな痩せる食べ物ランキング10

痩せる食べ物野菜

痩せる食べ物の正体は「マイナスカロリー食材」と言われるものです。

「マイナスカロリーって何?」

「そんなことありえない!」

と思ってしまいましたか?

まだまだ甘いですよ!本当に摂取カロリーがマイナスになる食べ物があるのです。

どういうことかというと、

食べてから消化、吸収されるまでに消費されるカロリーが、その食材のエネルギー量を上回る食材があるということなんです。

カラダは消化・吸収にエネルギーを使いますから、そのエネルギーよりも食べ物のエネルギーが少なければ、トータルでマイナスになるとわけです。

食べれば食べるほど痩せるなんて夢のようじゃないですか?

こちらが痩せる食べ物ランキングトップ10になります。

  1. ブロッコリー:食物繊維が豊富で代謝アップ・便秘が解消できればむくみも解消
  2. セロリ:カリウムが豊富で、塩分の摂りすぎからくるむくみを解消
  3. アスパラガス:アスパラギン酸で代謝アップ・水分の摂りすぎからくるむくみを解消
  4. キャベツ:食物繊維が豊富で代謝アップ・満腹感を得ることができる
  5. ほうれん草:カリウム、カルシウム、ビタミンEが豊富
  6. にんじん:葉っぱに含まれるビタミンEは血流を良くして代謝アップ
  7. いちご:ビタミンCが豊富
  8. パイナップル:ビタミンB1が脂肪の蓄積を防ぐ・整腸作用も期待できる
  9. グレープフルーツ:リコピンが脂肪をためにくくする・柑橘の匂いが食欲を抑える
  10. リンゴ:クエン酸が脂肪をためにくくする・皮ごと食べるのがおすすめ

これらはすべて「マイナスカロリー食材」なのです。

日々の食事に取り入れやすい普通の食材が揃っているので、積極的に食事に取り入れてみましょう。

おなかいっぱい♪痩せる食べ物を使った簡単レシピ

痩せる食べ物レシピ野菜スープ

ダイエットによい食事は、食材のカロリーが低いかどうかということに加えて

「体のむくみをとる」

「腸の調子を整える」

といった効能も考えるとより効果的です。

というのも、脚がむくむと、むくんだ足に脂肪がつきやすくなるからです。

脂肪が付きやすい・・・なんてとんでもないことです!!

スナック菓子やレトルト食品、加工食品には、たくさんの添加物と塩分が含まれています。一方で栄養素はほとんど含まれていないため、脚はむくむばかりです。

痩せたいならこういった食品は控えたほうがいいですね。

おすすめのメニューは、野菜をたっぷり使ったスープです。

主食を食べる前に汁物を口にすると、満腹感を得やすくなります。

温かいというのもポイントです。玉ねぎ、大根、にんじん、キャベツなどを煮て、コンソメで味を付けるだけなので簡単です。

我が家では鶏の胸肉で肉団子を作っていれたりしますが、ごちそうスープになりますよ。

少量のケチャップを加えて味を変えてもおいしいです。

まとめ

お腹がすいている時は、すぐに満腹感を得られるものについ手が伸びてしまいます。

そういう時はスナック菓子ではなく、リンゴやナッツ類、おにぎりなどを口にするようにするといいですね。

スッキリスタイルで、気持ちのよい春を愉しんじゃいましょう!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク