祖父母が贈る初節句のお祝い金の相場は?女の子に羽子板は必須?

かわいい孫のために、初節句は盛大に祝ってあげたいという盛り上がっているおじいちゃん、おばあちゃんは多くいらっしゃると思います。

伝統的な初節句といっても、昔ながらの風習を引き継いではいながらも、昔とは違う点もいろいろあります。

相手方のご両親との兼ね合いも考える必要もありますよね。

それでもかわいい孫のため、また息子や娘のために何かしてあげたいと思う祖父母の気持ちは本当にありがたいものです。

初節句のお祝いをするにあたり、お祝い金はいくらが相場なのか、品物はどんなものがいいのか、参考にしていただけたらと思います。

スポンサーリンク




初節句のお祝い金額。内孫か外孫かで金額が変わるってホント?

初節句お祝い金額

初節句には女の子には雛人形、男の子には兜飾りや鯉のぼりを準備するのが昔からの風習ですが、一般的には妻の実家、つまり母方の祖父母が贈るとされています。

しかし最近は、住宅事情や両親の希望などで、雛人形や鯉のぼりが飾れない家庭も増えて、その代わりにお祝い金をという人も増えています。

ちなみに父方の祖父母のお祝い金の相場は3万円からです。

一方母方の祖父母は、飾りものの代わりにお祝い金を贈りますので、5万円から30万円と大きな開きがあります。

つまりどうしても娘の子ども、つまり外孫の方に金額が高くなる傾向があるのです。

ただこれも、最近は両家で分担するという場合も増えているようです。

地域によってかなり違いもみられますので、両家で風習が違うという場合は旦那さんの方に合わせるということで、うまく収まるといいですね。

初節句のお祝い、女の子に羽子板は絶対必要?そもそも贈る意味は?

初節句お祝い羽子板

そもそも羽子板というのは、女の子が生まれて初めて迎えるお正月、「初正月」に贈るものです。

昔女の子がお正月に羽根つきをして、その年の厄払いをした習慣からきています。

縁起物ですので、初正月に飾った羽子板をそのまま初節句まで飾ることはよしとされていますし、雛人形とは違い、一年中飾っていてもいいそうです。

一般的に女の子の初節句には雛人形を贈りますが、それに合わせて羽子板を贈る習慣も一部の地域には残っています。

ただ母方の祖父母が雛人形も羽子板も準備するとなると、たいへんお金がかかりますし、娘家庭に飾るスペースがないとか、親にそこまでの負担をかけたくないなどの理由で、羽子板の浸透率はそこまで高くありません。

「初節句」にくらべて「初正月」という風習は、馴染みが薄いもので、羽子板は必ずしも必要ではないと、個人的には思います。

まとめ

昔ながらの風習を大切に思う気持ちと、今ならではの事情に合わせていく気持ち、その両方がうまくかみ合うといいですね。

一般的なお祝い金の相場や、どちらの祖父母が飾りものを贈るかももちろん大切ですが、一番大切なのは、孫の健やかな成長を願い祈る気持ちです。

こうして悩んでいらっしゃる時点で、お孫さんにはおじいちゃんおばあちゃんの愛情が届いているのだと思います。

一緒に過ごす時間を大切に、記念に残るすてきな初節句を過ごしてくださいね。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク