ひどい腰痛はすぐに改善!自宅でできるヨガレッスン

成人の80%は腰痛の経験があるといわれています。

腰痛の原因は様々ですが、痛みが長く続くと生活にも支障が出て来てしまいます。少しでも軽減して生活を送ることができるようになる方法をいくつかご紹介していきます。

スポンサーリンク




腰痛の原因と要因

腰痛 原因

腰痛の原因は主に4つあると言われています。

  • 筋肉や骨、関節の異常。
  • 内臓などの異常
  • 痛みを抑える神経の機能衰弱
  • 炎症、骨折、腫瘍など

またこうした原因を生み出す要因として、

  • からだに負担がかかる悪い姿勢で繰り返し同じ作業をおこなう
  • 腹筋と背筋が弱くなっていること
  • ストレス

などがあるそうです。

こうした中で、ちょっと気になるなぁと感じる場合は、1度医師に相談してみることが大切です。

腰痛改善になぜヨガ?

そうはいっても、なかなか病院にもいけないという人も多いと思います。そこで自分で腰痛をセルフケアができる方法としてヨガが注目されています。

腰痛の予防と改善には、腰まわりの筋肉を緩めてほぐしてあげることが最も大切です。また、正しい姿勢を保つために筋肉を鍛えることも必要になります。

ヨガをすると血流が良くなるため、高いリラクゼーションの効果があります。また筋肉を強化できるので、運動不足の解消にも効果的です。ヨガはひとつひとつの動作を呼吸にあわせてゆっくり行いますので、腰痛の原因となる骨盤の歪みなども解消できます。

今日から腰痛改善!ライトなヨガから始めよう

ライトなヨガ

腰痛に効果的なヨガですが、ヨガを始める前に知っておいた方が良いことがあります。

  • 食後直後と入浴直後は避ける
  • 服装は締めつけの少ないものを着用する
  • 静かな環境で行う
  • できればヨガマットをつかう

などですね。

ヨガは体全身で行いますので、内蔵を十分に休ませてあげてから行うのが効果的です。そのため食後直後や入浴直後は避けるようにしましょう。また関節を痛めてしまわないように、ヨガマットをできれば用意したいですね。

ヨガのポーズはとても多彩です。腰痛の改善に効果的なヨガのポーズもいろいろありますが、まずは簡単にできるものから始めましょう。無理なポーズをすれば、さらに腰痛を悪化させてしまいかねません。

「三角のポーズ」や「脇伸ばしのポーズ」や「鷹のポーズ」などは、これまであなたがヨガをやったことがなくても、ストレッチ感覚でできるのでオススメです。

また、ヨガによる効果はゆっくりゆっくり現れます。平均的には2~3カ月で効果を感じるられるようになることが多いですが、焦らず自分のペースで続けることが大切です。自分にあった無理のないポーズをリラックスして行えるなら、毎日行っても大丈夫です。

腰痛改善には正しいマットレス選びも大事

毎朝、スッキリ目が覚めていますか?

不快であったり、痛みで起きたりすることはありませんか?

こうした症状は、寝具(マットレス)が原因であることも多いのです。

寝起きの腰痛には、体重とマットレスが合っていないことや、マットレスの弾力性の問題がある場合もあります。弾力性に問題がある場合は、マットレス自体に寿命が来ているかもしれません。

マットレスを選ぶポイントは5つありますので、購入する際は参考にしてみてください。

  1. 体重にあった反発力をもつマットレス
    目安として体重が重めの人は硬めのマットレス、体重が軽めの人は硬め~やや柔らかめを選ぶのがポイントです。
  2. 耐久性のあるもの
    密度30以上で通気性のいいものをおすすめです。
  3. 使い心地があっているもの
    実際に寝心地を試して自分にあっているかどうかを確認しましょう。
  4. 返品保証があるもの
    お店で試せるといっても、一晩寝てみるわけにはいきません。実際に使ってみて合わなければ交換や返品ができると安心ですね。
  5. メンテナンスしやすいもの
    通気性がよく、メンテナンスフリーなマットレスがおすすめです。

まとめ

ヨガまとめ

腰痛に悩まされている方はとても多いと思います。あまり痛みがひどいようであれば、まずは医師に相談をしてみましょう。

とはいえ、腰痛の根本的な要因は自分の生活のなかにあります。適度な運動と正しい寝具で、腰痛の緩和、解消をしていきたいですね。

ただし、間違った方法で行うと症状の悪化にも繋がりかねません。ヨガが初めての方で不安があるという場合は、まずインストラクターなどに習ったほうがよいでしょう。また正しく行っていても痛みがひどくなる、あるいは改善が見られない場合も無理はしないようにしましょう。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク