ママ友には距離感が大事!トラブルにもなるブログ運営は慎重に!

子育てをしていると様々な悩みに直面しますが、その内容は子供の成長とともに変化してきます。

子どもが大きくなって、幼稚園や小学校にあがるようになると、これまでにない新たな悩みもでてきます。

なかでもママ友との付き合い方に悩んでいる方は多いようです。

「適度な距離感がわからない」

「ママ友間でトラブルがあった」

あなたもこういったことを見聞きしたりすることもあるのではないでしょうか?

最近はSNSをやっている方も多く、芸能人などの有名人だけでなく、一般の方でもブログを書いて人気が出ている方もたくさんいらっしゃいます。

周りのママ友もブログを書いていて、自分も交流の一環でブログ運営を始めたという方もいるのではないでしょうか?

ただ、ブログも気をつけなければトラブルの原因になりかねません。

今回はママ友との上手な交流のしかたをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク




ママ友とのトラブルがあってもブログに書くのは絶対NG

ママ友 トラブル ブログ

ブログを始めると子どもの話題が中心になる方が多いと思います。

学校の行事や持っていったお弁当、子どものかわいい行動などを書いている方はたくさんいらっしゃいますよね。

そういったブログであれば見ていて楽しいですし、万が一知っているママ友に見られても大丈夫です。

ですが、もしママ友間で何かしらトラブルがあったとして絶対にブログには書かないようにしましょう。

アクセス数が少ないから大丈夫、知り合いには教えてないという方も油断禁物です。

自分の学校名で検索したり、行事関連からブログに辿り着く場合もあります。

もし、トラブルがあった事をブログにこっそり書いて見つかりでもしたらもっとややこしくなってしまいますよ。

なので、ブログは誰に見られても大丈夫なことだけを書くようにすることをおすすめします。

ママ友トラブル対策!小学校での付き合い方

ママ友 トラブル 小学校

大小様々ですが、ママ友間で起きるトラブルと言えば、人間関係のトラブルです。

子供が小学校で今まで仲良くしてたのに、進級でクラスが別れた途端にいろいろ言いたい放題なんてこともあります。

トラブルに巻き込まれないためにも適度な距離を保ちたいですよね。

相手にあまり深入りしすぎないようにして、挨拶をしたり軽く世間話をする程度の距離を保ちましょう。

一緒になって噂話や悪口に同調しないでいると「いい人ぶってる」なんて言われそうと気にする人もいますが、そんな理由で子どもにまで害が及ぶことは滅多にないので心配ありません。

裏では思い切り他人の悪口を言っているママでも、子どもには人の悪口を言ってはダメとしっかり教育していたりするものです。なんか面白くない人と思われるかもしれまんが、それだけの話です。

下手に同調して深い関係になる方がより大きな面倒になりかねませんので、適度な距離感を保ちましょう。

子供同士が仲良かったりしても、親同士が仲良くする必要は必ずしもありません。

ただ、子どもが知らない間に友達の家に遊びに行っていたなんてことがないように、普段から子どもの話はよく聞いておきましょう。

わざわざお礼の電話をするほどではありませんが、会った時にはきちんとお礼を言わないと感じ悪く思われてしまうこともあるので気をつけたいですね。

まとめ

価値観が似たママ友を見つけられれば幸いですがなかなか難しいのが実態です。

子どもが中学年あたりになれば、自然とママ友とべったりすることも少なくなってきますので、短期間の付き合いと割り切って適度な距離感を保つのが無用なトラブルを避けるカギです。

職場などとは違い、ママ友との付き合いは、比較的短い間でのお付き合いになることが多いのであまり無理して付き合う必要はありません。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク