イライラしないためには?デキる女性だけが知っているコツとは

どこをみてもストレス満載の現代。

仕事でイライラ。家でもイライラ。

このイライラなんとかして~!

そんなお疲れ女性がいっぱいいるのが今の世の中です。

誰もがなりたくてそうなっているわけではないのですが、なかなかうまくいきませんよね?

でもなんだかうまくやってるなぁという女性も見かけます。

実は、彼女たちはストレスとの付き合い方がうまいんです。だからイライラなんかしません。イライラしないためにはどうしたらいいかを知っているわけです。

今回は「イライラしないためにはどうしたら?」と悩んでいるあなたにちょっとしたコツをご紹介します。

スポンサーリンク




ストレスにさよなら!イライラしない5つのコツ♪

イライラしないためにはコツ

ストレスはなくならない。だったらもう、上手につきあっていくよりほかありません。

ストレスと真っ向勝負してもさらに疲れるだけです。

私も以前は会社員でした。大勢の人と関わりながら仕事をしていたので、人が多いだけでもストレスでした。

一人一人みんな違うし、それぞれ勝手なこと言う場面も数多くありました。

気が短い私は一々頭にきてしまう性質なので、余計に疲れてたんですけど、そんな中いつも淡々と仕事している人もいました。しかもその人、仕事もできるのです

①人に期待しない

そういう人は基本、人に期待しません。人と自分は別と割り切っているので、頭にもこないのだそうです。

何でもそうですが、人は自分を基準に物事を考えますよね。

自分を基準にするから、

「なんでこんなことわからないの?」

「なんで?なんで?」

となってしまう。

自分と他人はそもそも違うし、能力も感じ方もまったく違う生き物なのだから、そこは100%割り切ってあきらめちゃうのが楽なんですね。

あきらめてまずは受け入れると過度の期待をしなくなりますので、イライラも半減します。

それに、誰かのせいで自分がイライラして嫌な気持ちで過ごすなんてもったいないし時間の無駄です。

それに気づいたとき私は、そこは割り切ってはっきり線引きして、頭の中はまったく違うこと考えていました。PC画面の隅っこの息子の写真見てニンマリしたり・・・。

②上司をうまく活用する

それでも、仕事上のことだとそれだけで解決しない場合も現実にはありました。

そんな時は迷わず上司に相談です。

上司をうまく使うのも仕事をうまく進める上では大切なことだと思います。

上司にはうまく使われながら、うまく使えばいいのです。

割り切って、自分が気分よくいるために使えるものは使っちゃいましょう(-ω☆)キラリ

③完璧を目指さない

そして、完璧を目指さないのも一つ。

なんでも完璧にしたい人ほど真面目で、それはとても素晴らしいことだけど、いつもそんな根詰めていたらいつか自分が壊れてしまいます。

自分は完璧主義じゃないし、な~んて思っている人も要注意です。

知らず知らずのうちに「こうじゃなきゃいけない」と人は思ってしまうものです。そういう思い込みって誰にでもあるものです。

実際に身近であったことですが、完璧な仕事を目指し過ぎて、一人であれこれ抱えてしまった女性がいました。

誰にも相談もできず、毎日イライラして周りと衝突してました。

最後には心を病んで長期休養する事態にまで発展したケースがありました。

④手を抜く?

一方で同じように仕事をしていても、まぁいっか!くらいの気持ちでいる人の方が仕事もはかどったりするものです。決して手を抜くということではありませんよ~

忙しそうにしていたら周りも自然に手を貸してくれるものです。

でも、イライラしている人の周りには誰もよりつかなくなるし、手を貸そうなんて思わなくなってしまいます。

自分でそうしてしまっているのだけれど、もはやそれすらわからなくなっているのです。

自分一人でできそうにないなと思ったら無理せずかっこつけず、誰かに素直に助けを求める方が、全体としての仕事量も絶対あがります。

何より、まぁいっか!このくらい気もちに余裕がないと、いい仕事はできません。いつも追い詰められている感じだとそりゃイライラしてしまいます。

手は抜かないけど気は抜く、みたいな(笑)そんなに自分を追い込まないことです。仕事が人生のすべてじゃないですし。

⑤身の回りはキレイに

身の回りにはキレイに

仕事にかぎったことではないですが、会社の自分のデスク周り、自宅のリビングや自分の部屋など、キレイにしておくこともイライラしないためには有効ですよ。

部屋がごちゃごちゃしていると落ち着かないし、集中もできません。いつもごちゃごちゃが普通になってしまっている人は、是非一度キレイにしてみるといいと思います。

私は一度家じゅうの不要なものをごみ袋17個分処分したことがあります。

それ以来、家の中はいつもキレイにしておくようになり、気持ちも落ち着くようになりました。

部屋がスッキリキレイなだけで、気持ちいい。

忙しくてもイライラしない。

たまに部屋が散らかりごちゃごちゃしている時は、気持ちもごちゃごちゃしています。

部屋のキレイさは、ある意味自分の心の状態の現われでもあります。

キレイにしておいて嫌な人は、滅多にいないと思います。不要なイライラを起こさないためにも、自分の身の回りをキレイにしておくことは決して悪い結果にはならないと思います。試してみてはどうでしょう?

美味しくストレス発散!イライラしない5つの食べ物

外食

ストレスと向き合うには、食べることも時には有効ですよね!

特に女性のHappyに美味しいものは欠かせません!

ただ、ストレス解消のためと甘いものに走り過ぎたり、食べ方を誤ると余計にストレスをためてしまうことになりかねません。食べ方にも注意が必要です。

イライラに効く食べ物を5つご紹介します。

フルーツ

フルーツ

ストレスを減らす食べ物として、フルーツは優秀です。レモン、キウイ、いちご、オレンジなどといったフルーツはビタミンCが豊富です。そし

フルーツは食物繊維も一緒に摂れるためその点でもおススメ。

ただし、フルーツでも食べ過ぎれば糖質の摂り過ぎになるので、その点は注意しましょう。

豚肉・鶏レバー

ストレスを受けると体内のビタミンB1がたくさん使われます。これが不足するとイライラなどの症状が出てきます。

豚肉や鶏レバーにはビタミンB1がたくさん含まれています。ストレスを感じたら積極的に食べましょう。

いわし・煮干し

カルシウムが不足すると精神的に不安定になりますので、神経を落ち着かせる働きがあるカルシウムは、日ごろから意識して摂りたい栄養素です。

多く含む食べ物の中でもいわしや煮干しがおススメ。

噛むことを繰り返すので唾液の分泌もよくなり免疫力アップにもつながります。

焼く、炙るなど工夫してよく噛んで食べましょう。

たまには外食

これも時には大切だと思います。

外食すると気分も変わるし、普段自分では作れないような料理も食べられます。

大切な人、家族、気の合う友達とのたまの外食は、イライラや嫌なことを吹き飛ばすくらい素敵なものだと思います。

毎日頑張っているのですから時には外食でストレスを発散するのは、自分へのご褒美としてもいいことではないでしょうか?

まとめ

今回はイライラしないためには?と題して、ストレスとうまく付き合うコツをご紹介しました。

現代はストレス社会。避けられないならうまく付き合う方が良いです。

もっと自分を大事に、もっと自分を労わってあげてください。

どんなことが起こっても、最後に頼りにすべきは結局自分です。日頃から自分の心の声にもっと耳を傾けてあげましょう。

イライラしない自分でいるためには自分がHappyでいることが一番です。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク