はじめての親族の結婚式。ご祝儀は?ドレスは?徹底解説

結婚式。それは一生に一度の一大イベント。ここぞとばかりに盛大に催され、招待を受ける機会も多々あると思います。

そんな幸せ溢れる行事に招待されるのは大変喜ばしいことですが、

ご祝儀はどうしよう?

服装はどうしよう?

と悩みがあるのも事実・・・

しかも、あなたの親族の結婚式となれば、さらに気を使うこともあるでしょう。

いざというとき、悩まなくて良いようにポイントをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク




親族の結婚式のご祝儀は?兄弟姉妹、いとこ、叔父叔母の場合

親族 結婚式 ご祝儀

親族の結婚式では一般的にご祝儀の金額が増え、なかなかの痛手になりますよね。そうはいっても、今後のことを考えるとあまり減らすこともしにくいものです。親族ゆえに、いくら包むかものすごく悩んでしまいます。

兄弟姉妹の場合

あなたが、兄弟姉妹の場合、一般にはどのくらいの金額になっているのでしょうか?

一般的な結婚式のご祝儀は3万円といわれていますが、その内訳のイメージは食事、引き出物代に自分からのお祝いの金額を含んだ感じになります。

しかし兄弟姉妹の場合、5万~10万円の間を選択することが多いです。5万と10万では随分と開きがありますが、金額の目安はあなたの年代により変わってきます。

多くの場合、20代より30代、40代となるにつれて金額が上がっています。

いとこの場合は兄弟姉妹と近い感じですが、30代ごろまでは5万以下に抑えることが多いですね。40代をこえると5万~10万に上がってくるようです。

叔父叔母の場合

あなたが、新郎あるいは新婦の叔父叔母の立場だとどうでしょうか?

こちらも5万~10万ほど包むケースが多いです。年代によって加減するのが一般的です。

ご祝儀の金額は、立場や年代によって適正な金額というものは決まってきます。地域や風習などによっても違ってきますので、必ずしもいくら包まなくてはならないという決まりはありません。

実際、私の結婚式のときに親族からいただいたご祝儀はけして多くはありませんでしたし、バラツキが多かったと記憶しています。

あなたのお財布事情と、相手との親密さを重視して決めると良いでしょう。

親族の結婚式に着ていくドレスのマナー

親族 結婚式  ドレス

結婚式でのドレスにもいろいろとマナーがあります。

ただしドレスのマナーは親族の場合でも、親族以外ともそれほど変わりません。

まずドレスの色ですが、花嫁と同じ白は絶対にだめですね。

かといって黒が良いというわけではありませんが、最近では黒のドレスを着る方も増えてきており、あまり否定的に考えなくて良さそうです。

ドレスの上にはショールやボレロなど、肩を出さないよう羽織るものが必要なので、もし黒のドレスを選んだ場合は違う色の羽織をさし色にし、アクセサリー等で印象を変えましょう。またドレスの丈はひざが隠れるものがお勧めです。

まとめ

いかがだったでしょうか?

実はこの文章を書く直前、親族の結婚式に行って来たばかりでした。

親族とは言っても、普段あまりお付き合いのない間柄だったので、ご祝儀には悩まされました。結局当たり障りのない金額にさせて貰いましたが・・・

当記事があなたの参考になれば幸いです。せっかくのおめでたい場ですから、心から楽しんできてほしいと思います。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク