肌荒れ、即撃退!ビタミンC誘導体を使用したニキビケア

ニキビなどお肌全般に良いということで、ビタミンC誘導体は雑誌やテレビ、ネットで取り上げられていますよね~

私もビタミンC誘導体が入っている美容液を使っているのですが、ビタミンC誘導体配合の化粧品を使う場合には注意点もあるようなんですね。

私もしばらく気しないで使っていたのですが、後から知ってちょっとケアするようになりました。

せっかく使うのなら正しい方法で使いたいですよね。

スポンサーリンク




ビタミンC誘導体の性質とは?正しく理解して効果的に使おう

ビタミンC

お肌に良い!ニキビにも効く!と言われるビタミンCですが、そもそもビタミンCってお肌にどのように良い作用を持っているのでしょうか?

実は、ビタミンCは抗酸化に優れた機能を持っています。そのため、シミやそばかすを予防するなどの美白効果が高く、ニキビ跡の原因となる色素沈着を防ぐ効果を発揮してくれるビタミンです。

ですが、ひとつ問題があって、ビタミンCは壊れやすい性質を持っているのです。

よく「野菜を茹でると栄養が逃げていってしまう」と聞きませんか?

これと同じように、ビタミンCはその存在自体が壊れやすくて安定しないので、化粧品に入れたとしても効果を感じにくいのです。

ビタミンCをビタミンC誘導体へと変えると、ビタミンCをそのまま肌に塗ったときと比べて、壊れにくく、肌に浸透しやすくなります。そのためビタミンCが持つ効果をより期待できるようになります。

そのため、ビタミンCを肌に塗るよりはかなり美白やニキビ跡への効果が望めるようになるんですね。

ビタミンC誘導体って本当に効果ある?使い方と注意点

ビタミンC誘導体 効果

ビタミンC誘導体の美肌効果については、さきほど少し触れましたが、もう少し詳しくご紹介していきたいと思います。

ビタミンC誘導体には、抗酸化作用や新陳代謝を良くする作用があります。

そのため、シミやニキビ跡などのもととなる「メラニン」と言う色素を減らし、シミやニキビ跡が大きくなったり、増えるのを防ぐ効果が期待できます。

抗酸化作用以外にも、皮脂の分泌をコントロールする作用があるので、べたべたしがちなお肌の方にはおすすめです。

ビタミンC誘導体の注意点

ビタミンC誘導体は美肌効果が高く、皮脂の分泌をコントロールする作用がありますので、お肌にはとても良い成分です。

ただし使用する上での注意点もあります。

実は、ビタミンC誘導体は保湿力が低いのです。

そのため、ビタミンC誘導体が入っている化粧水を使うと、水分がすぐに空気中に蒸発してしまい、顔に元々ある水分も一緒に蒸発してしまいます。

また、肌に良い成分ではあるものの、刺激も感じやすい性質があります。そのためお肌が敏感になっているときや、もともと敏感肌の方には合わないかもしれません。

ビタミンC誘導体の乾燥しにくい塗り方

ビタミンC誘導体がせっかく美肌に良いのに、乾燥しやすいという理由で使えないなんて残念すぎますよね?

ビタミンC誘導体を塗る場合は、顔全体に塗るのではなく、ニキビ跡やシミ、くすみなどが気になる部分にだけ塗るようにしましょう。その上で、顔全体にしっかりと保湿効果が望めるような化粧水を塗ると良いです。

こうすれば乾燥肌の方でも、乾燥や刺激を抑えながら、うまくビタミンC誘導体の効果にあやかることができますよ。

まとめ

ビタミンC誘導体は、美肌に大変効果がある成分で、ニキビ跡のケアにも効果的と言われます。

ただし、ビタミンC誘導体は乾燥しやすい!

これがビタミンC誘導体を使う上での注意点です。

そのため顔全体に使うのではなく、部分使いしたり、その上から保湿効果がかたり高い化粧水などを塗ると乾燥しにくくなりますので、興味のある人は試してみてください。

ただし、赤みが出てきたりしてお肌に合わないと感じたら使用を止めて様子を見るようにしましょう。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク